So-net無料ブログ作成
検索選択

記事(117) 平尾台探訪④ 広谷湿原~滝 [平尾台]

今更ながらですが・・・・・・「平尾台」とは!?
s-P1020156.jpg
・・・・・と、言うことです(笑)
海中生物の死骸とは・・・・・・・驚きです。
(・・・・・カルシウム!?)

舗装された道を電波塔方面に向かい・・・・・途中、見逃しやすい小さな看板の先に「広谷湿原」が広がります。
s-P1020165.jpg
所々に・・・・・「ノハナショウブ」の紫が目を引きます。
s-P1020182.jpg
s-P1020191.jpg
この「広谷湿原」は上で紹介した「ノハナショウブ」をはじめ
s-P1010887.jpg
「トキソウ」(未確認)
「サギソウ」(未確認 絶滅危惧種 まず見れないらしい 笑)
s-P1010888.jpg
等の希少な草花や「モウセンゴケ」(食虫植物 小さすぎて写真に写りません 笑)が自生する湿原です。

更に先に進むと・・・・・・。
水の音が大きくなって・・・・・・滝がありました。
s-P1020199.jpg
マイナスイオン前回の画像↓
s-P1020197.jpg
面白い写り方で気に入っています!!

水はこのまま鍾乳洞に流れていくようです・・・・・・。
s-P1020200.jpg
s-P1020201.jpg
更に先に進むと「周防台」の方に抜けるらしいのですが、話に聞くと険しい道のりらしいので引き返します(笑)
s-P1020202.jpg

草を刈ってある道の外を見渡すと・・・・・いたるところに「ノハナショウブ」の紫が確認できます。
s-P1020204.jpg
人が行けないような藪の中にお目当ての「トキソウ」「サギソウ」などが咲いているのでしょう・・・・・・ともあれ、長靴をはじめかなりの重装備が必要になりそうです(笑)


追記:「平尾台の草花」
http://cbr1000rr.blog.so-net.ne.jp/2008-06-24-1
「ノハナショウブ」画像追加
「カキラン」画像追加
「ヌマトラノオ」
「クララ」
更新しました(笑)


nice!(5)  コメント(8) 

nice! 5

コメント 8

key-k

おはようございます。
今更ながら平尾台の謎?!を知りました(笑)
湿原といつまでもこの景色は残したいですね~w

滝の写真がいいですねっ!!
(やっぱり滝に反応する私・・・^^;)

シャッタースピードが面白い感じだし、
水飛沫が凄いっすね~w
by key-k (2008-06-25 08:57) 

ふったん

アッチャン・・・平尾台を愛する
野草おじさんになっちゃってる(爆)
平尾台には、よく出勤してるのかな・・・?
滝の写真キレイです!マイナスイオンですな^^
by ふったん (2008-06-25 18:28) 

響

平尾台自然をまもる会会長に任命します(笑)
ひびきの郷のボランティアの人と協力して
さらなる自然保護に努めてください。
貴重な野草もあるので守っていきたい自然がいっぱいですが
心無いオフ車乗りが荒らすので
困ったものです。
しかしあの滝って何処?
by (2008-06-26 08:11) 

OhIke0725

平尾台って、ちょっと遠く感じる場所なんだよね。
山を挟んでグルって回る感じ
詳しく分からない。
今度、ユックリ散策してみたいですね。
by OhIke0725 (2008-06-26 08:53) 

T2

平尾台に滝ですか!?
びっくりです、しかも、鍾乳洞に流れ込む水とは!
重装備のお披露目期待してます(笑
by T2 (2008-06-29 07:27) 

hoshizou

平尾台はリベンジしないとね。
hoshizou 人生の標語第1号 誕生の地です。
「タイヤを替えたら、ムリしない」

そろそろ平尾台にいい季節がやってくるね。
青々とした緑の中で、さわやかな風に吹かれると
大きな声をだしたくなります。
昨年のその様子は、いつの日か動画アップします。

マイナスイオンがディスプレーを通じて降り注いだ。
by hoshizou (2008-06-30 00:48) 

村晴アッチャン

皆さん、コメントの返事遅れてしまいスイマセン。
今後ともよろしくお願いいたします

>key-kさん
こんにちは。
「滝」楽しんでいただけて何よりです(笑)
石灰質の岩なのは分かりますが・・・・・今更ながら海中生物の遺骸と聞くと不思議でなりませんね。
不思議スポットです。

>ふったんさん
こんにちは。
「おにいさん」と言って下さい(笑)
(注:20才台)
暇があればいても立ってもいなくなって・・・・・・出勤回数は秘密です。
でも、行く度に花や景色に変化が合っておもしろいですよ。

>響さん
こんにちは。
体長、本日付をもって「平尾台自然をまもる会」会長の任命をお受けいたします(笑)
平尾台は、仮にも北九州にある場所とは思えない程の自然の多さなので、このまま変わらずにあってほしいものです。
滝は「広谷湿原」を突っ切っていくとありますが・・・・・近くに行かないと分かりません。
イメージとしては「地下一階」にあるような感じなのです。
「広谷湿原」の真ん中のモニュメント(!?)から藪道を湿原の水の流れる方向に歩くと・・・・・見つかります。
是非、探してみてください。

>OhIke0725さん
こんにちは。
OhIkeさんの近所からは少し距離はありますよね。
ある程度歩くなら、車のほうが良いかもしれません。
おいらも驚きましたが・・・・・以外にも奥が深い場所でした(笑)
分かる範囲でしたら、お付き合いしますので良かったら今度お越しください。

>T2さん
こんにちは。
「平尾台」って水があるイメージないですよね。
まして、滝があるとは・・・・・おいらもビックリしました。
重装備も良いのですが、道を外れると草木を踏み潰してしまうこともあるようなので・・・・・・探索も難しいものです(笑)

>hoshizouさん
こんにちは。
おいらはもちろん車で通ってますので、タイヤ替えても転びませんよ~(笑)
「yasuzouさん」の
♪~千の風に~♪
と同じぐらいの季節になりましたね(大笑)
マイナスイオンが大都会東京にも伝わって、ストレス解消にやくだてば幸いです(笑)





by 村晴アッチャン (2008-07-01 23:59) 

村晴アッチャン

追記:滝の名前は「不動滝」
ドリーネ石灰岩地特有の窪地にあります。
この下に水が吸い込まれて「青龍窟」へと続いているそうです。
見た目から想像していましたが・・・・・「滝打ち」をする修験場の一つだそうです。
それにしても・・・・・「青龍窟」。
また探索する場所が増えてしましました・・・・・・。
by 村晴アッチャン (2008-07-02 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。